温泉療法が高血圧に良い影響を与えるわけ

高血圧お役立ち情報

高血圧と温泉療法

温泉療法は高血圧の民間療法としてよく知られており、高血圧で悩んでいる方の中には、温泉療法で高血圧を改善させようと考えている方も多いです。

温泉の温熱により血管が拡張します。血管が拡張すればゴムホースの原理で血液の流れる圧力は低下しますので血圧は下がります。血管抵抗の低下による血圧の低下となります。

さらに手足にある前毛細血管括約筋が弛緩して前毛細血管が開くため、動脈血が毛細血管を通らずに直接に静脈に注ぎます(これを静脈血の動脈血化と言います)。
そして温泉に含まれる炭酸ガスや硫化水素などは直接皮膚から血管に浸透し、血管を拡張させます。

温泉療法による入浴方法は、36~38度ぐらいの熱くない温泉に1日に1~2回、出来れば最低2週間~3週間の長期療養をすることが望ましいでしょう。

そうすることで、血圧の低下が期待できます。また有効成分が皮膚から吸収されて、さらに効果は増大することでしょう。
何よりもリラックス効果は絶大であり、副交感神経が優位となってさらなる降圧効果は得られるでしょう。

温泉療法は地味な治療ですが、試してみる価値はあります。

荒木式高血圧克服プログラム

このカテゴリーの関連コンテンツ

高血圧の治療に効く温泉とは、一体どのような温泉なのでしょうか?

高血圧お役立ち情報のページへ戻る

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
今、日本人の3人に1人が高血圧症で、6人に1人がその為に薬を服用していると言われています。
私の家系も例外ではなく、高血圧患者がとても多いです。その中でも特に母方の祖母は…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『高血圧119』では、早ければ2~3日、遅くても数週間で血圧を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にスタートできるだけではなく、美味しいものをお腹いっぱい食べられるストレスのない新しい食事法です。
⇒続きはこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式高血圧克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 高血圧お役立ち情報 ≫ 温泉療法で降圧効果が…