食事管理で高血圧を治療

高血圧お役立ち情報

食事管理が高血圧を治療する

好きな物を好きな時に食べたいというのは人間が持っている本能的欲求のようです。
現代は炭水化物過多、ハイカーボ、高糖質のような食事が巷にあふれています。

現代において、好きな物を好きな時に食べるという食生活を続けていくと間違いなく生活習慣病になってしまうでしょう。
高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病は冠動脈疾患、脳梗塞、腎不全などになるリスクが高く、生命に及ぼす危険が高まります。

生活習慣病に罹患してしまった場合はその改善に向けて努力することが大切ですが、まずは生活習慣病に罹患しないように予防していくことが最重要課題であると考えます。

生活習慣病の予防方法として、身近に手を付ける事が出来ることは食事管理です。
食生活というのは一種の慣れです。例えば毎晩夕飯にはご飯を2膳たべるというのであれば、1膳に減らし、それを習慣化するということも出来ます。最初は物足りない感じがしますが、3日もすると慣れてきて1膳でも平気になります。これで毎日220キロカロリーを減らす事が出来るのです。
このようにして、低カロリーや低塩分の食事に慣れさせていくことが大切です。高血圧の方であれば、低塩分の食事は必須ですよね。

このような食事管理が出来てくれば、自然に体重は減っていくでしょう。脂質異常症も改善され、内蔵脂肪の減少によりアディポネクチンが分泌され血管を拡張し高血圧を改善していくことになります。
高血圧の方は少し厳格に食事管理をしてみてはいかがでしょうか。

大切なのは、「まずは出来ることから取りかかる」という点です。
まずは無理の無い範囲から始めていきましょう。

荒木式高血圧克服プログラム

このカテゴリーの関連コンテンツ

高血圧お役立ち情報のページへ戻る

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
今、日本人の3人に1人が高血圧症で、6人に1人がその為に薬を服用していると言われています。
私の家系も例外ではなく、高血圧患者がとても多いです。その中でも特に母方の祖母は…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『高血圧119』では、早ければ2~3日、遅くても数週間で血圧を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にスタートできるだけではなく、美味しいものをお腹いっぱい食べられるストレスのない新しい食事法です。
⇒続きはこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式高血圧克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 高血圧お役立ち情報 ≫ 食事管理の方法と重要性