体を温めて高血圧を治療する

高血圧お役立ち情報

体を温めて高血圧を治療する

冷え症に悩む人が大変に多いです。よく言われますが、「冷えは万病の元」です。
体温が1度下がれば、免疫力は3割低下して、病気になりやすくなります。
病気の原因はすべて冷えから起こると言っても過言ではありません。
肩こり、腰痛、関節リウマチも冷やすことで悪化します。ガンも内蔵の冷えが原因であると言われています。
冷えにより血流も悪くなりますので、高血圧の原因となります。
高血圧の改善に塩分を控えるというのは常識ですが、塩分は体にとって大切であり、極端に控えることはあまりおすすめできません。それよりも高血圧治療として体を温めるほうが効果的です。

それでは、どうすれば効果的に体を温めることが出来るのでしょうか。
次のような方法をご紹介いたします。

下半身を温める
積極的に下半身を温めると下半身の血流が改善し、上半身のみに血液が集まるのを防ぎます。おなかに使い捨てカイロを貼り下半身を温める方法も効果的です。おすすめの貼り方は、入浴後におなかにカイロを貼り、そのまま一晩たったら、翌朝新しいカイロに貼り替えます。
そうすると、一日中、おなかを温めることができて、下半身の冷えを解消できます。これは高血圧の予防や改善に役立ちます。

お風呂で半身浴
お風呂のお湯を41度に設定します。お湯の量は湯船に入ったときに、水面がおへその辺りになるくらいです。あまり深く湯船につかると、水圧がかかって心臓に負担がかかってしまいます。時間の目安は10分間です。
入浴後は、暖かい部屋で、毛布にくるまって30分間安静にします。半身浴と入浴後の保温をセットにして行います。毛布での保温後は、必ず水分を補給してください。週3回以上のペースで行うことで高血圧の改善に良い影響がでてくると思います。

いかがでしょう。これであれば手軽に体を温めることができそうです。高血圧の方は一度、試してみてはいかがでしょうか。

荒木式高血圧克服プログラム

このカテゴリーの関連コンテンツ

高血圧お役立ち情報のページへ戻る

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
今、日本人の3人に1人が高血圧症で、6人に1人がその為に薬を服用していると言われています。
私の家系も例外ではなく、高血圧患者がとても多いです。その中でも特に母方の祖母は…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『高血圧119』では、早ければ2~3日、遅くても数週間で血圧を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にスタートできるだけではなく、美味しいものをお腹いっぱい食べられるストレスのない新しい食事法です。
⇒続きはこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式高血圧克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 高血圧お役立ち情報 ≫ 体を温めて治療する