ニンニクで高血圧を治療する

高血圧お役立ち情報

高血圧を改善するニンニクの4つの成分

「葷酒山門に入るを許さず」(くんしゅさんもんにはいるをゆるさず)という言葉をご存知でしょうか。
これは江戸時代のころの禅寺には良く掲げられていた文句です。

葷とは薫りのある野菜のことです。例えばニンニク、ニラ、玉ねぎ、ネギ、ノビルなどです。
これら5つを五葷(ごくん)といっています。
酒とはお酒ことです。山門とはお寺のことを言います。

葷酒は精力をつける物なので、これらを寺にいる僧侶が飲食してしまうと修行の妨げになるということです。そのためにお寺には「葷酒山門に入るを許さず」と掲げていたのです。「葷酒を寺に持ち込むな」ということですね。

しかし、最近では、これら五葷のニンニクは生活習慣病を改善し、予防する効果があると言われてきています。特に高血圧には有効のようです。

血管の内側にたまった血栓とLDLコレステロール(悪玉)や中性脂肪でどろどろになった血液のせいで、血流が悪くなるために血圧が上がります。これが高血圧です。

ニンニクに含まれるアリシンは、血管を広げ、血管内の汚れを取り除く他、LDLコレステロール(悪玉)を下げる効果もあります。

ニンニクの成分と効用は 以下のとおりです。
アリチアミン ・・・ アリシンとビタミンB1が結合してできる物質。アリナミンの素
スコルジニン ・・・ 体力増強、抗ガン作用
ゲルアニウム ・・・ 疲労回復、抗ガン作用。朝鮮ニンジンの3倍含まれています。
チルアリルトリスフィド ・・・ 血液の凝固を防ぎ、脳卒中や心筋梗塞など血栓症を防ぐ。

血液に対しては、以下のような良好な働きをします。
1.血液自体の粘度を下げるため、血がサラサラになる。
2.血管を拡張し、血液を末端まで行き渡らせる。
3.赤血球の生成を促進させる、など。

ニンニクを食べて高血圧の予防と改善をしていきましょう。

荒木式高血圧克服プログラム

このカテゴリーの関連コンテンツ

高血圧に良いニンニクと食べ方

高血圧お役立ち情報のページへ戻る

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
今、日本人の3人に1人が高血圧症で、6人に1人がその為に薬を服用していると言われています。
私の家系も例外ではなく、高血圧患者がとても多いです。その中でも特に母方の祖母は…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『高血圧119』では、早ければ2~3日、遅くても数週間で血圧を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にスタートできるだけではなく、美味しいものをお腹いっぱい食べられるストレスのない新しい食事法です。
⇒続きはこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式高血圧克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 高血圧お役立ち情報 ≫ ニンニクの4つの成分