高血圧の改善には、魚に含まれるDHAとEPAが有効

高血圧お役立ち情報

DHAとEPAには、血液をサラサラにして高血圧や動脈硬化を予防し、改善する効果があるのをご存知でしょうか。実際、DHAのサプリメントやEPAの薬剤のなどが販売されています。

「エスキモーやイヌイットなどの魚を主食とする人々には動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などの病気が極めて少ない」ことは医学界では有名ですが、研究の結果、この原因が魚に含まれるDHAやEPAの作用だとわかっています。
特にこれらの成分を多く含むマグロやイワシ、サバなどの青魚が注目されています。

これはDHA・EPAの「血を固まりにくくする(抗血栓作用)」(特にEPA)、「悪玉コレステロール(LDL)を減らし、血をサラサラにする」(特にDHA)、「中性脂肪(トリグリセリド)を減らす」などの注目すべき作用効果によります。

これらの効果のおかげで、血栓(血液が血管で固まり、詰まる)ができるのを防ぎ、高血圧、脳卒中や心筋梗塞になりにくくします。さらには悪玉コレステロール(LDL)や中性脂肪(トリグリセリド)を減らすことで、脂質異常症・動脈硬化までをも防ぐことができるのです。

また糖尿病にも効果があるようです。
非臨床試験の動物実験ではDHAを与えたマウスの血糖値が下がることがわかりました。まだ研究の段階ですが、糖尿病治療にも効果があるかもしれません。糖尿病で悩んでいる方には朗報となるかもしれませんね。

いすれにせよ、100年前の日本において魚中心の日本食を食べていた日本人が高血圧、動脈硬化、糖尿病などに悩まされていたでしょうか。

日本人は今こそ、伝統ある日本食を見直し、食生活を変革する時なのではないでしょうか。

荒木式高血圧克服プログラム

このカテゴリーの関連コンテンツ

DHAやEPAが多く含まれ、高血圧に効果がある魚ってどんなサカナ?

高血圧お役立ち情報のページへ戻る

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
今、日本人の3人に1人が高血圧症で、6人に1人がその為に薬を服用していると言われています。
私の家系も例外ではなく、高血圧患者がとても多いです。その中でも特に母方の祖母は…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『高血圧119』では、早ければ2~3日、遅くても数週間で血圧を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にスタートできるだけではなく、美味しいものをお腹いっぱい食べられるストレスのない新しい食事法です。
⇒続きはこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式高血圧克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 高血圧お役立ち情報 ≫ 魚を食べて治療する