高血圧はワインで治療する

高血圧お役立ち情報

ワインの2つの成分で、高血圧が改善されます

日本にもワイン愛好家が多くいますが、ワインは健康にも大きく関与していたことをご存知でしょうか。
ワインに多くふくまれているカリウムは体内のナトリウムと結合して、塩分を減少させ、高血圧予防の役割を果たします。
通常の血圧の人がワインを少量飲むと、10mmHg程度血圧を低下させます。
しかし、ワインを多量に飲んだとしても、血圧が上がることはありません。反対に血圧は下がっていきます。適度にワインを飲む習慣をつけると、血圧低下を維持できるようになります。ウォーキングなど軽い運動と合わせての健康維持をお勧めします。

またワインの中の成分であるポリフェノールは動脈硬化を抑制すると言われています。このメカニズムを説明いたします。

ポリフェノールは高血圧、動脈硬化および動脈硬化を原因とした脳血管障害、心臓病などを、予防します。ポリフェノールの働きは、体内に摂取、蓄積された悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールの酸化を阻害します。
ポリフェノールは植物自身が生きるために持っている物質であり、人の身体の中に入っても、抗酸化物として有効に働くのです。

動脈硬化とは簡単に言うと動脈血管内がコレステロール、中性脂肪、白血球の死骸などによって血管が詰まっている(塞栓)状況です。通常、血管はゴムのように伸縮性に富んでいるのですが、このような塞栓している状況によって血管は弾力性を失い、硬化して血管は破裂(rupture)の危険をも含んでいる状態となります。

ビール、日本酒、焼酎もおいしいですが、高血圧の方はワインを飲む習慣をつけて高血圧と動脈硬化の改善と予防をしてみてはいかがでしょうか。

荒木式高血圧克服プログラム

このカテゴリーの関連コンテンツ

高血圧お役立ち情報のページへ戻る

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
今、日本人の3人に1人が高血圧症で、6人に1人がその為に薬を服用していると言われています。
私の家系も例外ではなく、高血圧患者がとても多いです。その中でも特に母方の祖母は…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『高血圧119』では、早ければ2~3日、遅くても数週間で血圧を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にスタートできるだけではなく、美味しいものをお腹いっぱい食べられるストレスのない新しい食事法です。
⇒続きはこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式高血圧克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 高血圧お役立ち情報 ≫ ワインで血圧低下