サボりが高血圧を下げる

高血圧お役立ち情報

高血圧治療とサボる

このタイトルを見ると若干の違和感があるかも知れませんが、特には「意図的に休みを作った方が望ましい」という意味で考えて頂ければと思います。

血圧は強いストレスや緊張を感じた時に上昇します。
白衣高血圧症という病名をご存知でしょうか。これは文字どおり白衣を見ると緊張して血圧が上がってしまうという疾患です。
広い意味では、家庭で血圧を測定すると問題ない通常血圧であるのに病院に行って血圧を測ると緊張で血圧が上昇し、高血圧と診断されてしまうことです。特に真面目で几帳面の方に多いようです。

またストレスにおいても、こちらも真面目な方ほど、ストレスを感じやすくまたその解消法もうまく出来ずに貯め込んでしまうというケースが多いようです。

昨今の企業における求人では、ストレス耐性のある社員を求めています。
いくら学歴があり、優秀であったとしてもストレスに弱ければ重要な仕事を任せられないからです。
ストレス耐性がない方はやがては、うつ病、高血圧、糖尿病といった生活習慣病として病気が現れてくる可能性が高いです。

ここでお勧めしたいのは、ストレスの解消術をしっかりと持つということです。
趣味でも運動でも何でも構いません。
これならば自分は何時間でも集中して没頭できそうだというものを仕事意外でも持つことが大切です。

没頭できるものを見つけることが出来ない場合は、たまには仕事をサボってみてはいかがでしょうか。
サボるとはフランス語のサボタージュが語源です。
昔、フランスの労働者が労働ストライキのひとつとして木靴(サボ)で作業機械を壊して仕事をしなかったという話から来ています。

もし、あなたが1日、仕事をサボることで何億という損失が会社にでないのであれば、1日くらいの休みはどうって事はないはずです。

真面目な方はこのサボるという事があまりうまくないようです。
今日サボってエネルギーを充電し、明日の活力にしていけば良いのではないでしょうか。

たまには仕事をサボって息抜きしてみてはいかがでしょうか。

荒木式高血圧克服プログラム

このカテゴリーの関連コンテンツ

高血圧お役立ち情報のページへ戻る

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
今、日本人の3人に1人が高血圧症で、6人に1人がその為に薬を服用していると言われています。
私の家系も例外ではなく、高血圧患者がとても多いです。その中でも特に母方の祖母は…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『高血圧119』では、早ければ2~3日、遅くても数週間で血圧を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にスタートできるだけではなく、美味しいものをお腹いっぱい食べられるストレスのない新しい食事法です。
⇒続きはこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式高血圧克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 高血圧お役立ち情報 ≫ サボることの大切さ