ストレスが血圧に与える影響とは・・・

高血圧お役立ち情報

高血圧はストレスの影響を受けやすい

高血圧の多くはストレスに影響していると言われています。
人間の体はストレスにさらされると自律神経である交感神経が優位となり、様々なストレスに耐えられように準備をします。
つまり、交感神経優位となると、アドレナリンやノルアドレナリンが副腎髄質から分泌され、瞳孔が拡大、心拍数と血圧が増加し体温が上がります。
また呼吸が浅くなり、その回数が増えます。つまりストレスに耐えられるような闘争モードになるわけです。

高血圧を改善し予防するためには、体が副交感神経優位となる必要があります。
副交感神経が優位となると瞳孔が収縮し、心拍数と血圧が下がり、体温が下がります。

体を副交感神経にさせるものに瞑想(meditation)があります。
瞑想と聞くと座禅を組まなくてはいけないのではないかとか、修行の一種のようだとか考えてしまいそうです。
瞑想は目を閉じて心を穏やかにするというよりも、心を何も考えずに「無」の境地にしていくようなものだと言われています。

そのような状態で身体も副交感神経を維持することができるのです。
瞑想は心のストレッチ体操だと考えてください。
それぐらい手軽に、慣れてきたら生活の中の隙間時間に取り入れてみてください。

身体のストレッチも、少しずつでもやるのとやらないのとでは、体の疲れや凝りの状態が違ってきます。
瞑想も同じで、「毎日、少しずつ」やるのが重要なのです。

1日5分でよいので、心のストレッチをしてみては、いかがでしょうか。高血圧の改善と予防につながると思います。

荒木式高血圧克服プログラム

このカテゴリーの関連コンテンツ

高血圧の治療効果があると科学的に証明された「瞑想」とは・・・?

高血圧お役立ち情報のページへ戻る

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
今、日本人の3人に1人が高血圧症で、6人に1人がその為に薬を服用していると言われています。
私の家系も例外ではなく、高血圧患者がとても多いです。その中でも特に母方の祖母は…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『高血圧119』では、早ければ2~3日、遅くても数週間で血圧を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にスタートできるだけではなく、美味しいものをお腹いっぱい食べられるストレスのない新しい食事法です。
⇒続きはこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式高血圧克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 高血圧お役立ち情報 ≫ 瞑想で状態を改善