読書で高血圧が改善する

高血圧お役立ち情報

読書療法で高血圧を改善

読書にはリラックス効果があり、メンタル面に良い影響を与えます。読書療法という言葉もあるくらいです。

リラックスしている状態というのは副交感神経が優位になっているという時です。
副交感神経は体を緊張から解きほぐし、休息させるように働く神経です。「夜の神経」とも呼ばれています。
副交感神経が優位になると、瞳孔は収縮し、脈拍はゆっくりとなり、血圧は下降します。
つまり、体も心も夜の眠りにふさわしい状態となります。

図書館や書店で立ち読みをしていると急に便意を催したくなる人が多いと聞きます。
これは下を向いて本を読むことによって副交感神経が優位になり大腸の動きが活発になるからです。大腸などの消化器系を支配する神経は副交感神経だからです。

ストレスの多い現代社会にあって副交感神経と交感神経のスイッチをうまく切り替えられない自律神経失調症の患者が多く見られます。

眠ろうとする時に交感神経が優位であればアドレナリンやノルアドレナリンが分泌され血圧と脈拍はあがり、眠れる状態ではなくなってしまいます。

ストレス社会であればこそ、意識的に副交感神経を優位にさせ、心も体も休息モードにして、血圧を下げることが重要なのではないでしょうか。

荒木式高血圧克服プログラム

このカテゴリーの関連コンテンツ

読書療法とその実現方法とは?

高血圧お役立ち情報のページへ戻る

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
今、日本人の3人に1人が高血圧症で、6人に1人がその為に薬を服用していると言われています。
私の家系も例外ではなく、高血圧患者がとても多いです。その中でも特に母方の祖母は…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『高血圧119』では、早ければ2~3日、遅くても数週間で血圧を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にスタートできるだけではなく、美味しいものをお腹いっぱい食べられるストレスのない新しい食事法です。
⇒続きはこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式高血圧克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 高血圧お役立ち情報 ≫ 読書療法で良い効果が・・・