高血圧の治療にいい温泉とは

高血圧お役立ち情報

高血圧に効く温泉とはどんな温泉なのか?


高血圧の改善に効果がある温泉とはどのような所であり、どのような成分を含有しているのでしょうか。

高血圧に効く温泉の種類は次のようなものがあります。
二酸化炭素泉、硫酸塩泉、硫黄泉、放射能泉などがあります。

二酸化炭素泉は二酸化炭素を含む温泉です。
泉温が高くなると炭酸が気化、遊離するため、一般に温泉の温度は低いです。炭酸ガスは皮膚から吸収され、毛細血管や細小動脈を拡張し、血液の循環をよくするため温泉の温度が低くても入浴後は温まるのです。
また、心臓の拍動を増加させなくても血液の循環が良くなるため、血圧を下げる特徴もあります。
高血圧や心臓病に効くのはこのためで「心臓の湯」とも呼ばれています。

硫酸塩泉アルカリ金属アルカリ土類金属硫酸塩を主成分としていることからこの名称が付いています。この種の温泉は薬効が高いと言われています。改善効果のあるおもな疾患は高血圧、脳梗塞、糖尿病、動脈硬化、肥満、リウマチなどがあります。

硫黄泉は卵が腐ったような臭いがあります。また湧出後湯船にて温泉の不溶性成分である析出・沈殿物である「湯の花」により白濁する温泉も多いのが特徴です。
生活習慣病の湯と言われており、高血圧、動脈硬化、糖尿病の改善に効果があります。

放射能泉はラジウムやラドンなどの放射性同位体の成分を含む温泉の事です。
有馬温泉などは、源泉近くでは13マイクロシーベルト/時を被曝することになります。この量は、原子力安全委員会の指針では屋内退避が推奨される被曝量となっています。
しかし、これで健康被害あったとは聞いた事がなく低放射泉の被爆については、賛否両論となっています。高血圧改善に効果があると言われています。

好みもありますので、まずは自分にあった温泉を見つけていきましょう。

荒木式高血圧克服プログラム

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
今、日本人の3人に1人が高血圧症で、6人に1人がその為に薬を服用していると言われています。
私の家系も例外ではなく、高血圧患者がとても多いです。その中でも特に母方の祖母は…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『高血圧119』では、早ければ2~3日、遅くても数週間で血圧を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にスタートできるだけではなく、美味しいものをお腹いっぱい食べられるストレスのない新しい食事法です。
⇒続きはこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式高血圧克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 高血圧お役立ち情報 ≫ 温泉療法で降圧効果が…