高血圧をストレッチで改善する

高血圧お役立ち情報

高血圧に効くストレッチは何か?

血管は年齢とともに柔軟性を失ってきて、血管の壁が硬くなり血流が悪くなります。
まさにウィリアム・オスラーが言ったように「人は血管と共に老いる」だと思います。

高血圧を防ぐには「第2の心臓」と呼ばれる「ふくらはぎ」をストレッチすることで効果が得られます。
ふくらはぎが第2の心臓と呼ばれるのは、心臓より下にあるふくらはぎには、体の下方に運ばれた血液を心臓に返す働きがあるからです。
まさに血液を効率よく心臓に戻すためのポイントです。

意識してウォーキングをすることは、かかとを上げてふくらはぎの筋肉を圧迫し、かかとを下ろしてふくらはぎの筋肉を開放することを繰り返すことで、血液循環が活発にします。

それをウォーキングをしなくとも、簡単にストレッチで行うことができます。
このストレッチで血流をよくして高血圧の改善に役立ててください。

足首ストレッチ
1. あおむけの姿勢になって足首を動かします。
2. あおむけに寝て、つま先をピンと伸ばします。
3. 次に足首を曲げてつま先を出来る限り起こします。
4. このストレッチ運動を繰り返し行います。

ストレッチをしながら、足首よりもふくらはぎの筋肉が動いていることを確認しながら行ってください。

朝目覚めたら、起きる前に布団の中で10回くらい行うのがおすすめです。

冬場にいきなり寒いところへ立つと血管が収縮しますので、このストレッチで血液循環を良くしてから起きましょう。
特に高齢者の方には簡単でお勧めのストレッチです。

荒木式高血圧克服プログラム

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
今、日本人の3人に1人が高血圧症で、6人に1人がその為に薬を服用していると言われています。
私の家系も例外ではなく、高血圧患者がとても多いです。その中でも特に母方の祖母は…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『高血圧119』では、早ければ2~3日、遅くても数週間で血圧を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にスタートできるだけではなく、美味しいものをお腹いっぱい食べられるストレスのない新しい食事法です。
⇒続きはこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式高血圧克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 高血圧お役立ち情報 ≫ ストレッチで良くなる?