人と話し、高血圧を治す方法

高血圧お役立ち情報

人と話す治療方法~そのやり方~

学生や社会人であれば、学校や会社という組織に属していますので、たとえ嫌いな相手であろうと無理してでも話さなくてはならない機会があります。

学生や社会人が一言も話すことなしで、一日を終えることは少し考えられないでしょう。

ここで問題なのは、何の組織に属していない高齢者の方達です。
「無縁社会」、「孤独死」という言葉が最近使われるようになって来ていますが、我々の周りにも家族もいない、仕事もしていないという全く何のコミュニティにも属していない高齢者の方がいらっしゃるのではないでしょうか。

ある統計では、何らかの多数のコミュニティに属していて人と積極的に関わっている高齢者ほど、病気が少なく長生きする傾向にあると言われています。

高血圧や糖尿病の生活習慣病も人との対話や接触のなかでリラックスでき、また生きる希望を見出して改善の方向に向かう場合もあるかと思います。

高血圧や糖尿病などの疾患を持った一人暮らしの高齢者が住んでいることを隣近所の人間が認識し、気にかけていれば、その方が脳梗塞や心筋梗塞に倒れた場合でもいち早く発見される可能性が高くなります。
また、具合の悪い場合などでも事前に病院に連れていくなど対処も可能であるかと思われます。
そして「孤独死」というような、悲惨な結果を減らしていくことが出来るのではないでしょうか。

これまでの「孤独死」などの報道は氷山の一角である可能性があり、日本社会において今後、高齢化が加速度的に進んでいく以上、この問題はますます顕在化していくことでしょう。

また独居高齢者に、他人である近隣の方がどこまでその私生活に踏み込んで良いのか躊躇する場合もあるかと思います。
本格的な高齢化社会が到来する前に、高血圧の高齢者と社会の繋がりの問題は、社会問題として真剣に議論すべき課題であると思います。

荒木式高血圧克服プログラム

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
今、日本人の3人に1人が高血圧症で、6人に1人がその為に薬を服用していると言われています。
私の家系も例外ではなく、高血圧患者がとても多いです。その中でも特に母方の祖母は…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『高血圧119』では、早ければ2~3日、遅くても数週間で血圧を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にスタートできるだけではなく、美味しいものをお腹いっぱい食べられるストレスのない新しい食事法です。
⇒続きはこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式高血圧克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 高血圧お役立ち情報 ≫ 人と話すという治療法