高血圧にいい?漢方の歴史を紐解く

高血圧お役立ち情報

高血圧治療における漢方薬・漢方医学とその歴史

高血圧治療に結びつく漢方薬、漢方医学の歴史を紐解きます。

日本における東洋医学もしくは漢方薬の歴史は大和時代から奈良時代にかけ遣隋使・遣唐使により中国の医学が伝来したのが起源とされます。その後は日本の風土のなかで発展していきました。

その後も日本の漢方は独自の発展を遂げていき「古方派」「後世派」「折衷派」と様々な流派が生まれ、多くの漢方処方が作られてきました。

古代中国の黄帝内経(こうていだいけい)という最古の医学書に「未病」という言葉が書かれています。未病とは病気になる前段階ということです。健康でもなく病気でもない状態と言う事です。

漢方医学はこの未病をいち早く発見し、漢方医学の治療を行っていきます。
古代に高血圧という病名があったかは定かではありませんが、漢方医学は西洋医学の対症療法とは違い、なぜ高血圧になったかの原因を追及しようとします。
それが、体質なのか、食事なのか、寝不足なのか、はたまたストレスであるのかと言うようにです。
その原因に応じて漢方医学は高血圧患者その人にあった漢方薬の調合をし、薬量も考えて処方していきます。

要するに漢方医学とは、新陳代謝や自然治癒力を用いた体全体への治療となります。
そのため漢方医学の自然治癒力を引き出すような、全体的な体へのアプローチと対症療法である西洋医学の融合は、今後さらに重要視されていくのではないでしょうか。

荒木式高血圧克服プログラム

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
今、日本人の3人に1人が高血圧症で、6人に1人がその為に薬を服用していると言われています。
私の家系も例外ではなく、高血圧患者がとても多いです。その中でも特に母方の祖母は…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『高血圧119』では、早ければ2~3日、遅くても数週間で血圧を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にスタートできるだけではなく、美味しいものをお腹いっぱい食べられるストレスのない新しい食事法です。
⇒続きはこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式高血圧克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 高血圧お役立ち情報 ≫ 漢方薬で高血圧を治療