高血圧によい蕎麦の栄養とは

高血圧お役立ち情報

蕎麦の高い栄養価と常食にする方法について

蕎麦の高い栄養価と常食にする方法について


日本国内では、北九州から山陰、関西を経て東海道、信州、東北、北海道などが蕎麦の産地としては有名です。蕎麦が中国大陸から伝わってきた時期は約3000年前の縄文時代といわれています。ただし、現在のような細長い麺(蕎麦切り)をどんぶりで食するようになったのは江戸時代になってからの事です。

それまでは、「蕎麦がき」といって、スイトンのような団子状のものを食べていました。

高血圧に効果のある蕎麦の成分は何と言っても「ルチン」でしょう。蕎麦には多く含まれています。

ルチンはポリフェノールのひとつで、ビタミンPとも呼ばれています。トマトやグリーンアスパラなどの野菜にも含まれています。ルチンは毛細血管の働きを強化し、循環器系の疾患に予防効果があります。ビタミンCと一緒に摂取するとより効果が高くなります。

その他にもビタミンB1、ビタミンB2、たんぱく質と栄養価はとても高いのです。特にビタミンB2は細胞の再生能力に寄与しており血管内皮の傷なども修復し高血圧や動脈硬化の改善と予防に効果があります。

この蕎麦を常食にすることは、生活習慣病の改善と予防になります。
蕎麦アレルギーでなければ、ビジネスマンは、お昼は蕎麦しか食べないと決めて実施するのも良いかもしれません。

人間は保守的でありメンタルの弱い動物ですので、それくらい決意してやらないと蕎麦を頻繁に食べ続けるということは出来ないでしょう。
まずは「決めて」、「イメージして」、「実行」です。
ここで言う、「イメージ」とは蕎麦を食べて高血圧が改善したというようなポジティブなイメージのことです。

荒木式高血圧克服プログラム

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
今、日本人の3人に1人が高血圧症で、6人に1人がその為に薬を服用していると言われています。
私の家系も例外ではなく、高血圧患者がとても多いです。その中でも特に母方の祖母は…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『高血圧119』では、早ければ2~3日、遅くても数週間で血圧を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にスタートできるだけではなく、美味しいものをお腹いっぱい食べられるストレスのない新しい食事法です。
⇒続きはこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式高血圧克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 高血圧お役立ち情報 ≫ 蕎麦を食べると・・・