痩せて高血圧を改善する

高血圧お役立ち情報

痩せる事で高血圧を改善できる?


体重を減らせし、痩せることで脂質異常症が改善され、その結果として高血圧も改善されるということは、健康診断時に医師から良く聞く話です。

私の血圧は正常値ですが、私の知人は収縮期血圧190、拡張期血圧90の高血圧症でした。
その友人は、医師から高血圧治療薬の服薬を指導されています。

薬剤の処方の他にまずは、体重を減らして痩せること、それと同時に減塩食を摂るための食事管理が医師から指導されました。

減塩食については外食やインスタントラーメンなどを控えるようにして、何とか薄味に慣れるよう出来たようです。しかし、一度増えた体重を減らす事は容易ではなかったようです。
減量には、それ相応の決意とモチベーションの維持が重要になってきます。

BMI18.5以上25.0未満の標準体重となるよう、彼の体重減量、痩せるための戦いが始まりました。

彼は、これまで仕事から夜10時ごろに自宅に帰り、そのままビールを飲みながら食事を摂っていたようです。
また空腹感のために、毎日ご飯を二膳以上おかわりしていたとのことです。

よくよく考えると、彼の体重が減りづらく痩せなかったのは夕飯のせいだけではなかったようです。
昼は営業職のため、毎日のようにラーメンの定食かチェーン店の牛丼。
夕方社内に戻ると小腹が減り、煎餅やチョコレートなどの間食を毎日続けていたようなのです。

これらの状況を包括して推測すると、恐らく時間がないため10分ほどで昼食を済ませていたのではないかと思われます。
いわゆる早食いです。

早食いは、咀嚼の回数が極端に少なくなり満腹中枢を刺激する前に食事が終了してしまうので、常に物足りなさが残ります。

そして、22時以降の夜遅い食事も、友人の習慣から早食いであったかと思いわれます。
その後、朝まで夕食を完全に消化しきれず、朝は食欲がなく朝食抜きで仕事に行っていたと思われます。

炭水化物の多い食事、間食、早食い、夜食、そして朝食抜き。
これらは肥満への王道です。
「こうすれば太れる」という本を1冊分書けそうです。

半年後、久しぶりにスリムなった(恐らくBMI24くらい)になった彼に会った時、「どうやって痩せたの?」と聞いたところ、「簡単だよ、これまでの生活の真逆をやってやったんだよ」という答えが返ってきたのです。

荒木式高血圧克服プログラム

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
今、日本人の3人に1人が高血圧症で、6人に1人がその為に薬を服用していると言われています。
私の家系も例外ではなく、高血圧患者がとても多いです。その中でも特に母方の祖母は…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『高血圧119』では、早ければ2~3日、遅くても数週間で血圧を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にスタートできるだけではなく、美味しいものをお腹いっぱい食べられるストレスのない新しい食事法です。
⇒続きはこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式高血圧克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 高血圧お役立ち情報 ≫ ダイエットで改善する