味噌汁で生活習慣を見直し、高血圧を改善

高血圧お役立ち情報

味噌汁を食べて生活習慣を見直し、高血圧を改善する

大量の米、パン、うどん、インスタント麺、洋菓子など体内ですぐにグルコースに変わり血糖値をあげる食事は控えていく必要があります。
では、どのような食事のスタイルに切り替えていけば良いのでしょうか?

日本人は世界有数の長寿民族であり、男性の平均寿命が78歳、女性が85歳となっています。
健康食・長寿食を考える時、日本民族の場合は古来からのオーソドックスな和食が考えられます。
そこで注目したいのが「伝統食のひとつである味噌汁」です。
味噌汁の成分である大豆のイソフラボンには、高血圧や動脈硬化を改善する効果があります。

大豆を米麹や麦麴で発酵させた味噌で、野菜やキノコ、海藻、豆腐といった具をいれて煮たスープを毎日のように食している民族は日本人だけでしょう。

戦国時代から江戸時代の頃の味噌汁は、おかずに成るほど大根、ニンジン、カボチャなどの野菜が豊富に入っており、「集め汁」と言われていました。
要は実だくさん、具だくさんの味噌汁という意味ですね。
あの徳川家康も具だくさんの味噌汁が好物で、欠かさず飲んでいたと言われています。
そして、当時では長生きの75歳まで生きました。
「人間50年」、平均寿命は40歳から50歳と言われていた時代のことです。
この時代、現在のように高血圧や糖尿病などの生活習慣病で悩まされていた人は少なかったはずでし、病気の名称や定義すらもなかったかもしれません。

これは要するに、古来からの和食である味噌汁を食べていくことが健康につながることだと言えるのではないでしょうか。

具体的なアドバイスとして、現代人には実だくさん、具だくさんの味噌汁を食べていくことを推奨したいと思います。
ここでは味噌汁を飲むではなくあえて食べるというように書きました。

毎日味噌汁を食べて、高血圧や糖尿病などの生活習慣病を改善、予防していきましょう。

荒木式高血圧克服プログラム

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
今、日本人の3人に1人が高血圧症で、6人に1人がその為に薬を服用していると言われています。
私の家系も例外ではなく、高血圧患者がとても多いです。その中でも特に母方の祖母は…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『高血圧119』では、早ければ2~3日、遅くても数週間で血圧を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にスタートできるだけではなく、美味しいものをお腹いっぱい食べられるストレスのない新しい食事法です。
⇒続きはこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式高血圧克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 高血圧お役立ち情報 ≫ 生活習慣の見直し