食べない事で高血圧を改善する

高血圧お役立ち情報

何を食べないかを意識することで、高血圧が改善する

戦後約70年、現代の飽食の時代の日本を当時の誰が予測することが出来たでしょうか。
最近では、滋養をつけ健康を維持するために、「何を食べるか」という当時の考えから、「何を食べないか」という現代の考えに変わってきました。

「何を食べないか」これは高血圧や糖尿病などの生活習慣病患者が増え続ける中で、ひとつのキーワードになってくるでしょう。
つまり飽食の時代に生きる我々現代人は、食べ物を賢く選択する必要に迫られているのです。

ここで勧められる食事のひとつに糖質制限の食事というのがあります。
これは、すぐにグルコースに変換されるような炭水化物や糖分の多い食事を避けていこうという食事です。

現代人は糖質の過剰摂取状態にあると言えます。
忙しい現代人は簡単に摂れる食事を好みます。
「ファーストフードのハンバーガー」、「立ち食いそば・うどん」、「パスタ」、「おにぎり」などがあり、間食に至ってはチョコレート、お煎餅、スイーツなどどれも糖質を過剰に含む食べ物ばかりです。
またこれでも飽き足らず、甘い缶コーヒーの過剰摂取を行う方もいらっしゃると思います。
今、日本は全国民1億糖質過多状態なのです。

糖分の過剰摂取は肥満と糖尿病の原因であり、結果として高血圧をもたらします。
最近では、糖質オフのビールや無糖の缶コーヒーなどもありますが、基本的な食生活を変えない限り生活習慣病患者は増え続けていくことでしょう。

糖尿病の患者様に対する食事制限としては、カロリーの制限よりも上記のような糖質過多の食事を制限し、たんぱく質の多い食事を摂る方法が主流になってきています。
「糖尿病はごはんよりもステーキを食べさない」(牧田善二著、講談社プラスアルファ新書)という本も出て来ています。

「何を食べ、何を食べないのか」、この賢い選択を行うことで生活習慣病と決別でき、高血圧の改善に繋がることでしょう。

荒木式高血圧克服プログラム

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
今、日本人の3人に1人が高血圧症で、6人に1人がその為に薬を服用していると言われています。
私の家系も例外ではなく、高血圧患者がとても多いです。その中でも特に母方の祖母は…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『高血圧119』では、早ければ2~3日、遅くても数週間で血圧を下げられる奇跡的な食事法をご紹介しています。
この食事法は、自宅で簡単にスタートできるだけではなく、美味しいものをお腹いっぱい食べられるストレスのない新しい食事法です。
⇒続きはこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式高血圧克服プログラム

現在地:トップページ ≫ 高血圧お役立ち情報 ≫ 生活習慣の見直し